正規店と非正規店で特徴が異なる!?iphone修理業者


都合によって業者選びをしましょう

もし手持ちのiphoneが壊れてしまったら、もちろん修理する必要があります。修理をお願いするときは、基本的に正規店にお願いするのが1番簡単でしょう。AppleCareに入っているなら、その補償をしっかりと利用させてもらうのが妥当です。ただ、AppleCareに入っていない場合、正規店で修理をお願いするとなると、それなりに高額になることがあります。もちろん、正規のパーツを使ってくれるので安心できると言うメリットは変わらないでしょう。もう少しリーズナブルな値段で終わらせたいなら、非正規店で修理をお願いするのも悪くない判断です。正規のパーツを使わないものの、ノウハウを知り尽くしているプロフェッショナルが、問題のないパーツを厳選して修理してくれます。

非正規店で修理するときのリスクを理解しておこう

また、非正規店で1度でもiphone修理を行うと、その本体は基本的に改造品扱いとなります。その場合、買取が難しくなってしまうので、よく考えて実践しておきたいところです。リセールバリューを下げたくないのであれば、ある程度高額な修理費用になっても、正規店にお願いした方が良いでしょう。毎年新しいiphoneを購入しているならなおのこと、できるだけ売却時の値段を下げないために、正規店を利用したほうが無難だといえます。逆に、今所有している本体を長く使い続ける予定なら、非正規店を利用するのも1つの手段です。考え方と状況に応じて、修理業者を使い分けましょう。

iphoneの修理を行う事が出来る修理店は全国各地にあります。都市部だけでなく、地方都市にも豊富にありますし、ターミナル駅だけでなく、街中のスーパーの中などにも出店しているケースがあります。