ホームページのデザインで大事なこと!デザイン性よりも見やすさ!


ホームページを作るときには見やすさを重視する

ホームページを作るときに、デザインにこだわる人は少なくありません。ホームページは自由に作れるため、自分の好きなデザインにしてしまうのです。しかし、そのデザインが視聴者の見やすさを重視していることは少ないです。視聴者はホームページを見るときに、見にくいと思ったらすぐに閉じてしまう傾向にあります。どんなにこだわってデザインであっても、見てもらえなければ意味がありません。そこで見やすを重視するホームページにすることが大切です。見やすいかどうかは視聴者の層によって違うことがありますので、どんな人がホームページのターゲットかを考える必要があるでしょう。女子が多ければ、明るい色を多くすると見やすいと感じるでしょう。また、文字の大きさにも気を使うと見やすさにつながります。大きいと見やすいですが、情報量は少なくなります。情報量を減らしてでも文字は大きい方がいいでしょう。ホームページの視聴者で小さい文字を細かく見る人は多くないからです。

見やすいうえでデザイン性を上げる

見やすさを考えたうえで、オリジナルのデザインにするといいでしょう。オリジナルのデザインはキャラクターやイラストでオリジナルにすることができます。他のホームページに無いようなものを取り入れることが重要です。インターネット上には類似のホームページが多数存在しますので、デザイン性だけで独自のホームページにするのは結構難しいです。そこで、オリジナルの物を何か作り出すと、他との差別化ができます。イラストや写真などでオリジナル性を出すという方法もあります。

レスポンシブデザインとは、同じURLを用いて、異なる画面サイズに対応するウェブページのことです。パソコン用とスマートフォン用など別々のURLを作成する必要がなく、管理のしやすい方法です。