簡単なスマホ修理なら専門店を受けるのも手段になる


ボタンの陥没や液晶画面が割れる程度であれば専門店へ

電話だけでなくネット通信ができることで便利なスマホですが、利用頻度が多い故に故障する確率も比例して高くなっています。スマホの故障で特に多いのが、ボタンの陥没や液晶画面が割れるなどです。これらの故障が起きると動作しなくなるため、基本的に購入したお店に行って修理してもらう形になります。ただ保証期間外だった場合には、修理費用として平均で1万円が必要になるだけでなく修理工場にもっていくので簡単な故障でも最低でも1週間は戻ってこない場合があるのです。そこでボタンの陥没や液晶画面が割れるといった軽い故障であれば、購入したお店ではなく正規店と契約している修理専門店に依頼するのも手です。正規店と契約している修理専門店であれば部品提供を受けているので、ボタンや液晶画面の割れといった軽症であればその場で修理してくれます。

水没やバッテリーといった重大な故障は正規店へ

修理専門店で直すことで、最短で当日もしくは3日程度で直すことが可能です。ただ修理専門店で直せるのは、ボタンやガラスといった部品までです。水没やバッテリーそして内部回路の劣化の場合には、重大な故障の部類に入ります。こういった重大な故障を起こした時には、修理専門店では修理ができないです。このような故障を起こした時には無理に触らずに、すぐに購入したお店に届け出ます。完全に動かない場合には、専用の端末を使って中身のデータを抜き取った後に、部品が残っている場合には修理工場で直してもらう形です。そして年数がたち部品製造が終了している場合には、別の端末を購入してデータを移し替えるという方法になります。

スマホ修理の京橋は平日休日問わず、すぐに対応してくれるところが売りで、様々なパーツ交換に対応できます。