様々な注意点が存在!スマホ修理を自ら行う時に気を付けるポイント3選


細かい部品を紛失しないように注意

バッテリーやガラス交換などの簡単なスマホ修理は特に難しくなくて、個人で行う人も多いです。ただスマホにはたくさんの部品が使用されているので、くれぐれも紛失しないように気を付けないといけません。小さい部品1つでも紛失してしまうとスマホ起動に大きな支障を起こすので、快適に使用することができなくなります。そのような状況を避けるため、スマホ修理をする時は細かい部品を紛失しないようにしっかりと管理することが大切です。

静電気を必ず除去してから行うこと

スマホで使用されている部品は、残念ながら静電気に弱いことが非常に多いです。そこまで強くない静電気でもスマホ修理中に発生することで、大きなダメージを与えてしまい、保存されているデータに支障を起こす恐れがあります。せっかくスマホ修理したにも関わらず、データが消失したり、操作に問題を起こすので絶対に回避しないといけません。スマホ修理をする際、静電気除去シートなどを使用して徹底的に対策するのがポイントです。

衝撃に弱いので慎重に実施

スマホ修理をする時、どうしても力を入れないと部品を外せなかったり、修理を行えないケースもあります。くれぐれも慎重に実施しないと大切なスマホに衝撃を与えてしまい、しっかりと直すことが難しくなります。まずは安定したテーブルの上に必要な部品を揃えておき、少しずつ修理するのがコツです。そして慎重に実施していけば、できる限り大きな衝撃を与えないで済みます。特に初めてスマホ修理に挑戦する人は、雑に取り扱う恐れがあるので要注意です。

スマホ修理の静岡では、スマホの修理をメインとした静岡駅前のお店と、パソコンとスマホのサポートもやっている東静岡駅近くのお店があります。